お薬の飲み方

お薬の飲み方

お薬の飲む時間や飲み方はいくつかあります。
以下の内容を参考にお薬を服用して下さい。

A. 食前、食間、食後、就寝前
 食前:ご飯を食べる前にお薬を飲みましょう
 食間:ご飯を食べてからだいたい2時間後にお薬を飲みましょう
 食前:ご飯を食べた後にお薬を飲みましょう。
 就寝前:寝る前にお薬を飲みましょう。

B. お水で飲んでください。
 お薬を飲む時はコップ一杯のお水と一緒に飲んで下さい。
 お酒やジュースで飲まないで下さい。

C. かみ砕かないで下さい。
 お薬の表面には特別なコーティングしているものがあります。苦みや劣化を防ぐためです。
 かみ砕くとその効果がなくなってしまうことがよくあります。かみ砕かずにお薬を飲むようにしましょう。

D.その他のお薬の取り方  
目薬
 手を洗ってから目薬をさしましょう。目薬をさした後、しばらく静かに目を閉じておきましょう。
 目からあふれた目薬はティッシュなどでふき取りましょう。2種類以上の目薬をさす時は5分以上間をあけましょう。

点鼻薬
 事前に鼻をかみましょう。頭を少しうつむき加減にして片方の鼻の穴を押さえましょう。
 もう一方の鼻の穴に、点鼻薬の先を少し入れ、軽く息を吸い込みながら、点鼻薬を噴霧しましょう。
 もう一方の鼻の穴にも同様に薬を噴霧しましょう。噴霧が終わったら上を向いて、しばらく深呼吸しましょう。
 噴霧の終わった点鼻薬は容器の先端をティッシュなどできれいに拭いた後、保管しましょう。

吸引薬(インフルエンザのお薬:イナビル、リレンザなど)
 これらの薬は粉末なので、傾けすぎると粉がこぼれてしまいます。できるだけ水平になるように容器を持ちましょう。
 また、容器の空気取り込み口をふさがないように持ちましょう。
 少し息を吐いたら容器の吸い込み口から薬を吸い込みましょう。
 吸い込み口から口を離し、2~3秒ぐらい息を止めましょう。
 お薬によってはその後、うがいが必要なものもあります。薬剤師さんに確認してみましょう。

点耳薬 
 症状のある耳と反対の耳を下にして横になり、その状態で症状のある耳の中にお薬を5~10滴入れましょう。
 そのまま10分ぐらいじっとしておきましょう。
 お薬の入った耳に軽くティッシュペーパーを当てながら起き上がりましょう。
 耳の中のお薬をふき取ると耳の中に傷がつく可能性がありますので耳から垂れてくるお薬だけをふき取りましょう。